私のムダ毛処理について

私のムダ毛処理について

私は普段からおしゃれをする気にもなれないし、すね毛や脇毛などもあまり気にしないタイプ。
女性なのに何故かスカートは嫌い。スカートだけではなく、キュロット等も履きません。
小学校の時はキュロットとかスカートを履いて学校に行っていたこともあったけれど、子供の頃はすね毛なんてそんなに気にならなかった。
中学校や高校でもジャンパースカートだったけれど、全く気にしてなかった。
逆に言えばスカートは嫌だなあと思いながら毎日を送っていたと言っても過言ではないと思う。
妹は中学生の頃から足のムダ毛を1本1本抜いてみたり、剃ってみたりしていたみたいで、綺麗な足をしている。
私は、生まれつき足が悪い事もあって、スカートなんか似合わないと思っている。
ズボンしか履かないので、足のムダ毛を気にする必要もないと思っている。
ズボンはズボンでもどちらかと言ったらジーパンが好きなので、休日はジーパンで過ごすことが多い。
夏場は家の中で半ズボンを履くこともあるし、パジャマは半そで半ズボンを着用しているが、特にすね毛が気になることもなかった。
しかし、3歳になった甥っ子から言われた一言「女だから毛が凄いね」にグサッときて、ついに足のムダ毛を処理するようになった。
風呂場でボディタオルに石鹸を泡立ててこすり、3枚刃のムダ毛用カミソリを使って足の甲から膝に向かって剃り始めた。
それからは、剃り残しや生え際を見つけては毛抜きを使って抜くようにしている。
だけど、だんだん面倒になってきて、いつの間にか生え際の脱毛作業もしなくなってしまった。
しばらく経ってから、足を見たら剃ったせいか濃い毛が生えてしまっていたので、温泉に行った時に3枚刃のカミソリを持参して、洗い場で処理をした。
ムダ毛処理が終わってから温泉に浸かっていたら剃り残しが気になったので、再び洗い場で剃ったのだが、この時にカミソリの当て方が悪かったのか、1ミリほどだったが膝を切ってしまった。
それ以来、ムダ毛処理はしていないが、また少しずつ伸びてきているのは承知している。